中野ワールド
東京中野周辺のニュースヘッドラインを集めています。
全般

中野全般ニュースヘッドライン 2019/11/30

基地の街だった時代を物語る遺産 米軍ハウス保存へ高まる機運 福岡 – 毎日新聞


 戦後、国内の米軍基地近くに建設が相次いだ米兵世帯向けの「米軍ハウス」が、今も各地に残っている。基地の縮小や返還に伴う米兵の帰国でハウスのあるじが日本人に代わり、老朽化で取り壊されるケースも多い。福岡県内の市民グループは保存活用策を探ろうと、地元に残るハウスを調査し今年、記録冊子を発刊した。
https://mainichi.jp/articles/20191130/k00/00m/040/239000c
2019/11/30 19:16

豊島園 庭の湯
【現地レポ】豊島園 庭の湯 閉園か?さよなら、としまえん。 としえまんが閉園するそうです。豊島園といえば、庭の湯。 おしまれつつ、レポートします。 ナイトスパ(18:00~)で十分。サ...

逢田梨香子が来春に1stアルバムリリース、東名阪ホールツアーも決定 – 音楽ナタリー


逢田梨香子が来春に1stアルバム(タイトル未定)をリリースすることが決定した。
https://natalie.mu/music/news/357646
2019/11/30 19:00

FC今治の23歳MF中野が東京Vにレンタル復帰「ヴェルディを初めて離れて強く感じたことがあります。それは…」 | ゲキサカ


 東京ヴェルディは30日、FC今治に期限付き移籍していたMF中野雅臣(23)が復帰することを発表した。 東京Vユース出身の中野は2種登録を経て2015年にトップチームへ昇格し、2017年7月からFC今治に期限付き移籍。今…
https://web.gekisaka.jp/news/detail/?291732-291732-fl
2019/11/30 17:13

中野WORLD
中野全般ニュースヘッドライン 2019/12/16[MOM674]桐蔭横浜大DF岩下航(3年)_チャンスは突然に | ゲキサカ [大学サッカー・マン・オブ・ザ・マッチ support...

えれなの笑顔の陰に隠された悩みとは……『スター☆トゥインクルプリキュア』第42話あらすじ&先行カットが公開 | マイナビニュース


プリキュアシリーズ第16作目として放送中のテレビアニメ『スター☆トゥインクルプリキュア』。「宇宙と星座」をモチーフに、地球を飛び出し宇宙で“キラやば~☆”な大冒険を繰り広げる! 12月1日(日)放送の第42話からあら・・・
https://news.mynavi.jp/article/20191130-930993/
2019/11/30 12:00

早明戦で「質」と「修正力」発揮する。明大NO8坂和樹は強いだけじゃない。 | ラグビーリパブリック


 11月27日、本拠地の八幡山グラウンドで早朝練習を終える。明大ラグビー部4年の坂和樹は、落ち着いていた。 「伝統の一戦という部分もありますけど、対抗戦の最後の試合に勝ち切るという意識で練習に取り組めている。いままでしっかり準備したことが結果になっているので、(今度も)ひとつひとつの練習でしっかりした準備を(する)。き
https://rugby-rp.com/2019/11/30/domestic/44205
2019/11/30 08:00

中野WORLD
中野全般ニュースヘッドライン 2020/01/22スクスタにてラブライブ!フェス開催記念キャンペーン開催! - STRAIGHT PRESS[ストレートプレス] 株式会社ブシロード(...

東京新聞:大人が楽しむ賢治童話 スクリーンに映して朗読 きょう中野・ポレポレ坐:東京(TOKYO Web)


東京新聞TOKYO Webの東京都に関するニュースを配信するページ。地域の話題を日々掲載しています。
https://www.tokyo-np.co.jp/article/tokyo/list/201911/CK2019113002000114.html
2019/11/30 07:03

よぎさんの挑戦:最終回 「理解し受け入れる。そのために少し待つ」 本当の共生社会へ – 毎日新聞


 10月半ば、東京都江戸川区議のよぎさん(42)は明治大(中野区)で学生に講義していた。テーマは「多文化共生」。「これだけいろんな国の人が住むようになったのに、日本人以外を『外国人』と表現するのはどう思いますか」。「難しいね。新しい言葉を作っちゃえば」。学生の関心は高く、講義終了後も質疑応答が1時間
https://mainichi.jp/articles/20191129/k00/00m/040/164000c
2019/11/30 06:00

【日野】12月6・7日「第14回たきび祭」たき火が見守る文化の祭典[2019] | ショッパー電子版


童謡『たきび』の作詞者 巽聖歌 晩年の地・日野市旭が丘で北風が吹く中、垣根の先にあるたき火を心待ちにする様子が印象的な童謡『たきび』。 作詞者の巽聖歌(たつみせいか)が、晩年を過ごした日野市旭が丘では、毎年12 月にたきび祭(さい)が行われています。
https://shopper.jp/62992/
2019/11/30 05:03